YbyYOSHIKI Cabernet Sauvignon

★2019年夏バージョン★X Japan Yosiki監修ワイン
●19年夏最新版/正規品《ワイ・バイ・ヨシキ (X Japan Y by Yoshiki)》 カベルネ・ソーヴィニヨン “カリフォルニア” [2017] エックスジャパン×マイケルモンダヴィ Yoshiki & Michael Mondavi Cabernet Sauvignon California 750ml 赤ワイン 送料常温590円クール850円

最安値♪

価格5,700円 (税込)






2009年の処女作リリースから7年。2016年9月2日の2'ndバージョンに続き、2018年7月13日の新作発表会に参加させて頂きました。以下は第二弾発表会における内容です。

醸造家のロブ・モンダヴィ Jr.によるナパの説明から始まり、満を持してヨシキ登場♪
二人のクロストークは興味深いものでしたが、何よりも、ヨシキがこれ程までカリフォルニアワインに精通するとは驚きでした。専門店のあとりえもびっくり... ナパ・ヴァレーのマニアックな銘柄が次から次へと挙げられます。

「今回の特に赤ワインは、(仕込み中の各ロットを)ブレンドする際に納得の限りまで何百回も繰り返した。そこまでしたのは他業界の人間が遊びで造ったとは見られたくない為。いつかはオーパス・ワンを打倒したいと本気で思っている。ワインを分かる方に是非飲んで欲しい。」(ヨシキ談)

オーパス・ワンの創設一家とタッグを組むだけに、あながち不可能とも言えないのでは?
相当飲みつけられた経験を基に、工程の要となるブレンドに自らが作業にあたる等、その本気度が伝わってくるものでした。




2018年1月12日にTV放映された「ダウンタウンなう」の人気コーナー、「本音でハシゴ酒」ではワインを飲みながらヨシキが語り、翌日には輸入元在庫がスピード消滅したなんてことも...

■2019年夏バージョン《ワイ・バイ・ヨシキ》 カベルネ・ソーヴィニヨン カリフォルニア Yby Yoshiki最新作

【味わい】プラムやブルーベリーの瑞々しいフレーバーを持ち、凝縮感の中にもエレガントさを感じさせてくれます。口中では、柔らかな舌触りが心地よく持続するワイン。

【葡萄品種の特色】 〜カベルネ・ソーヴィニヨン〜
香りの芳しさ、味わいの複雑性、ボディの豊かさ。いずれをとってもまさしく赤ワイン用葡萄の王様であり「高貴なぶどう品種」の代名詞。冷涼地の産出も少なくないものの総じて温暖な気候を好み、そこではタンニンが豊かな葡萄を実らせる。香りの形容にはスミレの花、クレーム・ド・カシス、杉、スパイス等が度々挙げられ、カリフォルニア(特にナパ・ヴァレー)においては、ミント、ユーカリ、黒胡椒、チョコレート、バニラの香りが加わる時もあり。(オーク樽熟成100%)

【品種構成】カベルネソーヴィニヨン【原産地呼称】カリフォルニア【タイプ】[赤] フルボディ Full【内容量】750ml

■ 2019年夏バージョン Yby Yoshiki最新作

【味わい】さわやかな柑橘系に加え、香りには熟れたトロピカルフルーツのニュアンスが兼ね備えられます。果実味、酸味、オーク樽のフレーバーがバランスよく、フレッシュ感とボディが共に感じ取れる味わい深いワイン。

【葡萄品種の特色】 〜シャルドネ〜
「DRCモンラッシェに至っては時価100万円超も・・・」古くは圧倒的勝利を飾った「1976年パリ・テイスティグ事件」こと“ジャッジメント・オブ・パリ”(パリスの審判)。近年は、ブルゴーニュ白ワインの歴史で唯一つのパーフェクトスコア(WA100点)もカリフォルニアからは3年間で5つも発表。更にはブルゴーニュからは名門生産者も進出する上、ロマネ・コンティ社の現当主、オベール・ド・ヴィレーヌ氏が母国以外で唯一つ携わるシャルドネもカリフォルニアで手掛けられます。それらが象徴するように、高品質なワールドクラスのワインが輩出されることもカリフォルニア産シャルドネの特色。(90%樽発酵)

【品種構成】シャルドネ【原産地呼称】カリフォルニア【タイプ】[白] コクのある辛口 Dry【内容量】750ml






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ